眠りと夢とは

スポンサーリンク


眠りと夢とは

一般的に短時間睡眠は夢を見やすい状況を作ります。夢を覚えていられるのは潜在意識のごく浅い部分。人によっては潜在意識の深い部分まで記憶を蘇らせる事ができますが、これには訓練が必要です。全ての夢を覚えていられる人は、ほとんど居ないと思います。しかし自覚していないだけで誰しも沢山の夢を見ています。逆に夢を見たくない人は「ノンレム睡眠」潜在意識の深い部分で眠る事ができれば良いのです。熟睡できる環境、生活リズムを整えましょう☆また、現実で大きな悩み事ある方は夢を見やすいようです。このような時は嫌な夢を見てしまうものです。現実と夢は深く繋がっているのです。