夢占い無料★夢辞典・診断 fs-oneiromancy


 ■犬

 ★犬は父親を象徴しています。大きな犬の場合は、父親を恐ろしいと感じていて、なんとかコントロールしたいと考えているのかもしれません。猛犬のいる前を、見つからないようにこっそり駆けぬけるなど、犬を避けようとしている夢は、現実の世界で持っている秘密を、人にかぎまわれたくないという気持ちを表わしている場合もあります。
 一般的には、犬は父親の象徴で、犬に吠えられるのは父親に叱られることを暗示していますが、たとえば、雨に濡れた犬が戸口にやって来て、それをあなたが拭いてやるというような夢は、あなたが学校や会社でまずいことを抱えている暗示です。この場合の犬はあなたの投影です。また、小さい犬なのにいくら餌をあげてもむさぼり食ってしまう、というような夢は、あなたの恋人があなたを熱烈に欲しているのを、あなたが迷惑ながらも知っている、という意味が。この場合は犬があなたの恋人を表わしています。
◆つながれている犬…衝動的本能を抑圧されている。
◆傷ついた犬…悪い知らせ。好きな人の体調不良。
◆白い犬…友人からの連絡がある。
◆黒い犬…病気。裏切り。
◆恐い犬…裏切り。自己の中の攻撃性をプラスの方向に転換する必要性。
◆大きな犬を連れて歩く…恐ろしい父を自由にコントロールしたい気持ち。
◆犬の遠吠えを聞く…争いごとにまき込まれる。

 犬は攻撃的本能や性的本能の衝動の表れですが、通常はコントロールされた本能的衝動を暗示しています。
 または、忠犬ハチ公に見られるように、自分に従う忠実な部下や友人の象徴とも考えられます。さらに、警察犬や花咲かじいさんからの連想で、先導してくれるもの、幸運をもたらすものを表わすこともあります。

 他の動物にも言えますが、その夢の状況や、自分の中で犬がどんなイメージを持っているかで異なってきます。たとえば、犬に癒しを感じている人の場合は、癒しが欲しい時に見ることがあるようですし、逆に犬にいいイメージを持っていない場合は、そのいやな面を自分、あるいは周りの人に投影しているのかもしれません。スピリチュアルミーティングで死んだ飼い犬に会ったり、これから飼うことになる犬と会っていることもあります。(★)

 ★犬に噛まれる夢は、友人と思っていた人と対立することを暗示しています。

あ か さ た な は ま や ら わ
姉妹サイト

宿曜